占い師になるには?

>

占い師を目指すためには

占いの種類について

占いの種類は、主に三種類に分けることができます。命術、卜術、相術の三つです。
いわゆる「星占い」などのように、誕生日占いや星座占いといったものが主に命術に分類されます。その人が生まれた時の星について読み解くものです。
ネットなどでも手軽にできるものが多いイメージですよね。
卜術とは、タロットカード占いなど、偶然から占い結果を導くものをいいます。
相術とはその名の通り、その人のあらゆる「相」から占い結果を導くものです。例えば、手相占いなどです。
こうやってみると、正式名称こそ聞きなれないものの、多くの人にとって、様々な種類の占いが親しまれていることが分かりますね。
占いが好きな人にとっては聞き慣れているような種類のものをいくつか挙げましたが、実際に占い師の元で占いをしたという人はかなり絞られるかもしれません。

世界中で発展してきた占い

占いには様々な種類があり、それぞれ占いの方法というものが決まっている場合がほとんどです。
古代に行われていたようなものもあり、非常に難解な方法のものも数多くあるでしょう。現代ではとても実践できないようなものもあるかもしれません。
その中で、現代までその占いの方法が受け継がれてきたものはやはり人気が高いものが多いです。
多くの人に知られているような占いは、きちんと勉強さえすれば誰にとっても取り扱えるものであることが多いです。
変わった占いなどをしてみたい、というような場合にはいろいろ調べてみると面白いでしょう。占いは世界的に発展してきたもので、多様な変遷を知ることもできます。
占いとは、世界中で多くの人に親しまれてきたものなのです。


この記事をシェアする