占い師になるには?

>

占い師に関するあれこれ

占い師いろいろ

占い師は、様々な種類がある占いの中で自分の専門分野の占いについてのエキスパートであり、実際に占いをして報酬を得ています。
現在ではネットでの占いや雑誌に載っている占いなどが人気ですが、占い師は対面での占いをしている場合があります。
水晶玉を置いて占いをする人のイメージなどがあるかもしれません。実際に商売道具として水晶玉などの占い道具を使う人ももちろん多くいます。
対面で占いをする場合には、もちろん、水晶占いなら水晶、タロットカード占いならタロットカード、のように道具が必要な場合があります。そのような場合には、どのような占いであるのか一目瞭然ですね。
占い師の中には、対面で占いをするだけではなく、ネットでのオンライン相談を受け付けている場合などもあります。

良き相談役

占いとは、手相や生年月日などをみてもらって運勢を占ってもらったり、タロットカードなどの結果を見たりして運勢を言ってもらう、などの一方的なイメージを持っている人も多いかもしれません。
しかし、占いとは、対面のものであればなおさら、「一対一で自分の話を人に聞いてもらう」という貴重な場です。しかも、相手は親しい人ではなく、占い師です。
だからこそ、恋愛や仕事の悩みを打ち明けやすい、という人も多いです。占い師に対してであれば、自分の今の悩みを素直に打ち明けられる、という場合もあります。
占い師は占いによるアドバイスをしてくれるだけではなく、親身に話を聞いてくれる存在です。
占ってもらう、というよりも、話を聞いてもらうために占い師の元を訪れる人も少なくはありません。


この記事をシェアする